生きる力が無くなりました。時間が経つのを待つか、課金してください

最近のスマホゲームでは

なにかアクションをするのに行動力ポイントのようなものが必要な、仕組みになっている。

 

例えば、パズルを一面解くのに、何ポイントとか、

何かを開くのに何ポイントとか。

何かをするとそのポイントは減っていく。

 

ポイントがゼロになると何もできなくなる。

 

ポイントを増やすには概ね、二つのことしかなく、

・時間が経つのを待つ

・課金してください

 

これはゲームの話だけど、しにたい時は同じだなと思った。

 

しにたいけど、なんとか足掻こうとする。

その時にはエネルギーが必要だ。

それを『生きる力ポイント』と名付けてみる。

 

私の生きる力ポイントはいつもカツカツだ。

自分の場合、生きる力ポイントは

『しにたくなる原因の除去』に充てられる。

 

朝起きて、一晩ぐらいで溜まったポイントを、

エイヤッ!って頑張って使う。

少しでも良い結果になれば、ポイントは戻ったり、たまには増えたりする、気がする。

 

ダメが酷いときは一気にポイントが減る。ガーン( ̄◇ ̄;)

 

ポイントがマイナスゲージまで落ち込むと、しにたいが始まるんだなこれが。

 

さて、長々書いてしまったが、何を言いたいかと言うと、生きる力を戻すには

時間の経つのを待つか

課金しかない

と言うこと

 

課金、まさにお金を使うことだが、

お金を使って、ストレス発散したり、満足を得れば、回復する。

 

自分は仕事とお金が原因で病んでるが、

いま、お金を大量に課金できるなら、

間違いなく、病は良くなるだろう。

 

たぶん、他の悩んでる方々で、これが有効な方も多い気がする。

 

まぁ、課金できないから、時間経過しか方法がなく、鬱々と辛い日々になるのだけどね

 

おはようございます。しにたいです

目が覚めて、イッパツ目に思うこと。

『あ〜、しにたい』

 

そして、覚醒と眠気の間をうろうろしながら、脳みそは活動を始めて、ネガティヴな思考や厭な記憶を反芻し始めます。